2009年度のスタート 

投稿日時:2009.04.02 (木)  17:51:30カテゴリ:経済(3)

 

昨日から2009年度スタートの企業が多かったと思います。
4月1日というと入社式があり、新入社員にとって、緊張した日でもあり、希望に満ちた日だったと思います。

私も丁度、オイルショックの時の入社組で、景気がどん底の時でした。
しかし、後は経済が徐々に右肩上がりで、やりがいのある外部環境となって行きました。

今は未曾有の不況と言われていますが、ものは考えようで、景気の底で入社されたわけですから、中長期でみると、今以上に悪くならないと考えられますよね。

いい勉強機会に恵まれた入社だと考えれば良いのです。

ある強い企業では営業マンに「100年に一度の不況」と言われるのなら、皆さん、このチャンスを見逃さず、キッチリと自分の目で見ておいてくださいと指示をされています。

さすがですね。

厳しい時期にビジネスを体験されますと、自分が鍛えられます。新入 社員の皆さん、頑張ってください。

コメント (537)

 

売りと買いのマーケティング

投稿日時:2008.10.07 (火)  17:56:44カテゴリ:経済(3)

 

先日10月4日(土)と5日(日)に「なら百年会館前」で「てづくり市」があり、我が家の女性陣がてづくり品を出品しました。


時間をかけて、一生懸命作ったこの白い服ですが、結構高い値段でしたが売れました。
買われた方ですが、作り手と同じようなタイプの方でした。



マーケティングで良く使われる戦術ですが
「顧客を絞れば、全てが決まる」
つまり
あなたが売りたい人=あなたから買いたい人
これで売り買いが決まります。

同じようなタイプの人に売れたということは、暗黙のうちに、そのような方に買って欲しいという想いがあったのでしょうね。


今回のてづくり市で実感したのですが、一生懸命作った、てづくり品が買いたい方に渡っていくのは嬉しいことですね。

今後とも、女性人による個性的なてづくり品が大きく流行ると思います。

いいことですよね。

コメント (25)

 

経営の神様

投稿日時:2007.01.24 (水)  13:01:34カテゴリ:経済(3)

 

近頃のニュースで企業の不祥事が跡を絶ちません。

社会貢献と儲けることの区別がつかなくなってしまっているようです。

そんな中、経営の神様 松下幸之助さんの本を読んでいて、懐かしい言葉に遭遇しました。

「経営のコツここなりと気づいた価値百万両」

本当にその通りですね。

コツがわかっている企業は不祥事を起こさず、信頼を勝ち取っていますよね。

顧客から信頼される企業だけが生き残ると思います。

コメント (0)